術後のメインテナンス

衛生士・技工士のいる、当院ならではのメインテナンス

インプラント治療は、インプラントを埋めて終了ではありません。治療終了後のメインテナンスを怠ると、歯周病が早く進行したり取り付けた上部装置が破損したりする可能性もあるため、毎日のブラッシングなど、ご自身でのセルフケアが重要になります。
当院では専任の歯科衛生士が付くため、術前のお口の状態から術後の患者様のケアまで、しっかりと把握することが可能に。メインテナンスにかんして分からないことを気軽にご相談いただける環境が整っています。

1ヶ月~3ヶ月に1回はプロによるクリーニングを。ブラッシングが苦手な場合は月に1回通院して歯磨き指導(TBI)を受けていただくと、永続性の高いインプラントをより長く快適に使用していただけます。
また現在、機能面や審美面は当たり前であり、何より永続性が求められているインプラントですが、歯科衛生士や患者様ご自身によるメインテナンスに加え、上部装置を作製する歯科技工士の力もメインテナンスには重要だと考えております。
院内で治療からメインテナンスまで全て賄うことのできる総合歯科医院だからこそ、インプラントをより長く保つことができるのではないでしょうか。

メインテナンスで行うこと

歯のクリーニング(PMTC)

歯のエステとも呼ばれる「PMTC」は、インプラント治療後だけでなく定期的に受けていただきたいメインテナンスの一つです。歯周病の予防となる歯石の除去は、インプラントを長持ちさせる要因に。また着色汚れを落とすことで、美しい見た目を維持することもできます。

歯磨き指導(TBI)

月に1回プロによるクリーニングを受けていただいたとしても、残り29日は患者様ご自身でブラッシングをすることとなります。歯を守るためには、毎日の正しい歯磨きが重要です。当院では、患者様専任の歯科衛生士が患者様の磨き癖などを把握し、定期的に歯磨き指導を行っております。

レントゲン・CT撮影によるチェック

埋入したインプラントと周囲組織をモニタリングするためにも、定期的にレントゲンとCTによる撮影を行っております。

tel:045-311-3422 メールでのお問い合わせはこちら
top_tel_sp.png
不安なことは何でもお気軽に
ご相談ください。 医療法人審美会鶴見歯科医院 Q&A Doctor's File 当院が紹介されました! 当院が掲載されました 歯の新常識