医院紹介

ドクター紹介

患者さんの口腔内を拝見するなかで、欠損した部分に、インプラントだけではなくブリッジ・入れ歯といった方法もありますが、機能面・審美性・永続性を考えると、やはりインプラントがベストな治療法ではないでしょうか。

インプラント治療を患者さんに積極的にお勧めしているわけではありませんが、患者さんにそれぞれのメリット・デメリットをお話すると、最終的にインプラント治療を選択する方が多いのも事実です。

しかしながらオペが必要なインプラント治療は、安心・安全を何より重要視する必要があるでしょう。

歯科の総合病院だからこそ、院内に口腔外科医がおり、麻酔医がおり、技工士がおり、歯科衛生士がおり、そして私たち医師がいます。当院は毎週カンファレンスを行っているのですが、様々な立場のプロフェッショナルがディスカッションを行うことで、医師の独りよがりではない多角的な治療計画を立てることが可能にしております。

ただ、インプラントは歯科治療のなかでも患者さんが不安を抱えることの多い治療法のひとつ。不安を解消するにも私を含め当院では、「患者さんの立場に立って考える」ことを重要視しており、一般的な歯科医院よりもかなり長いカウンセリング時間を設けております。また、治療についての説明を他のスタッフに任せるのではなく、カウンセリングから治療、そしてアフターケアまでを一貫して担当医が担当する点も、当院ならではの特徴だといえるでしょう。

疑問や不安が残ったまま治療を開始するのではなく、しっかりとお話をしたうえで治療を始める。このようなスタンスだからこそ、当院を頼りにしてくださる患者さんが多いのかもしれません。

理事長・院長

歯科医師
理事長 兼 院長

三宅 忠隆

略歴・所属学会

  • 神奈川歯科大学卒
  • 日本補綴歯科学会専門医
  • 日本口腔インプラント学会員
  • 日本顎咬合学会認定医
  • 国際口腔インプラント学会(ISOI)認定医
  • 日本歯周病学会員
  • USC公認歯科医師
  • 神奈川歯科大学放射線応用科学所属
  • 日本歯科放射線学会

患者さんの立場に立った治療を

副院長
一瀬 昭太

略歴・所属学会

  • 神奈川歯科大学卒
  • 日本補綴歯科学会専門医
  • 日本口腔インプラント学会員
  • 日本顎咬合学会員
  • 日本歯周病学会員
  • USC公認歯科医師
  • 神奈川歯科大学麻酔科学講座
  • 日本障害者歯科学会

設備紹介

オペ室

インプラント手術やその他外科的処置が必要な際のオペ室を完備。院内感染を防止すべく、最高レベルの滅菌体制を整えております。

回復室

当院ではインプラントをはじめとした手術では静脈内鎮静法による麻酔を行っております。麻酔が完全に覚めるまでは、こちらの回復室でゆっくりお休みください。

院内技工所

技工士がその場で患者さんの歯をチェックすることで、より美しい色味を再現することができます。また、万が一インプラント上部構造が破損した場合も、技工室にて即日修理を行うことが可能です。

セレック(歯科用CAD/CAMシステム)

3D光学カメラにてスキャンしたデータを参考に、コンピューター制御にてインプラント上部構造をはじめとした補綴物を設計・製作するシステムです。短時間で完成するだけでなく、型取りの必要もありません。

レントゲン室

患者さんにとって放射線被爆の影響が低く、体への負担が少ないデジタルレントゲンを採用。画像が鮮明なため、病巣の早期の発見に役立ちます。

CT

お口の中の状態を立体画像で把握することのできる3D-CTを採用。インプラント埋入箇所を正しく把握するためには欠かせない機器の一つです。

DAC(ドイツ製)

当院では患者さんのお口に入る機器は全て毎回交換し、最高水準の滅菌器にて滅菌を行っております。滅菌器をご覧いただくことも可能ですので、ご希望の方はお申し出ください。

オートクレーブ(クラスB)

ヨーロッパ基準(prEN13060)で「あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる」とされている小型高圧蒸気滅菌器を採用。従来の歯科で使用されている滅菌器よりもさらに厳しい基準をクリアしたものを使用しております。

ヨシダCO2レーザー/OPELASER Lite

歯周病治療や殺菌・外科処置などに用いるレーザーです。当院では2種類のレーザーを用意しており、それぞれ用途により使い分けることで、患者さんの負担を最小限にすることができます。

サージテル(SurgiTel EVC250N、EVC300N)

拡大鏡を使用することで、裸眼よりもより精度の高い診断と治療を行うことが可能であり、歯の寿命を左右する被せ物の治療などに使用します。

マイクロスコープ(カールツァイスメディティック PICOMORAフロアスタンド ハロゲンビームP)

アメリカの歯科医療では必須とも言われているマイクロスコープ(顕微鏡)ですが、日本ではまだまだ導入している医院は少ないのが現状です。当院ではマイクロスコープを2台完備することで、肉眼では見ることのできない細かな部分の治療に役立てております。

tel:045-311-3422 メールでのお問い合わせはこちら
top_tel_sp.png
不安なことは何でもお気軽に
ご相談ください。 医療法人審美会鶴見歯科医院 Q&A Doctor's File 当院が紹介されました! 当院が掲載されました